HOME>記事一覧>注文できるからこそイメージは全て伝えてみよう

時間をかけて建てられる

相模原では、難しい注文に応えてもらえる柔軟性で設計事務所を選ぶ人が少なくありません。注文住宅とはいっても、ただ自由に内外装を個人が決めるだけではなく、変形の狭小地、その一階に光りがあたるアトリエを希望するのであれば、個性をウリにする業者選びこそ重要なようです。相模原という地元の繋がりを活かし、土地探しから行うところは今も多いようで、設計、建築まで一括して依頼ができます。もちろんそれだけに、施主はインテリアや内装のプランにゆっくり時間をかけられます。

リアルさを提案

相模原で家を建てる際、豪邸ではないからムリかもしれないと、最初から諦めてしまう施主もいるようです。注文住宅でならば、伝えることからスタートできます。例えば、広いワインセラーがムリでもリビングの一角に小型のワインセラー、そしてワイングラスをはじめ、アンティークの食器棚をつくるなど、独立した一角をつくることができます。リアルサイズで提案してくれることを知っておきましょう。

一括して依頼できる

注文住宅だから、デザインだけを相模原とは別エリアの会社に依頼することもあるでしょう。しかし、デザイン設計だけで依頼するのではなく、後々のメンテナンスまで視野に入れて考える必要もあるので、やはり多額の追加費用をかけずに済むのは、設計と施工は同じ会社に依頼することです。

トラブル防止に努める

相模原の注文住宅というこだわりある家づくりでは、後で揉めることのないように確認に関しての情報は収集しましょう。例えば、施主が購入し、住宅会社に取り付けのみを依頼するケースや、住宅会社が約束したサービスなどは確認必須です。他に、施主指定での職人がいるならば、住宅会社の連携も必要、色、柄、仕様の違いなど、細かな確認はしておきましょう。

広告募集中